審美歯科とは

画像

審美歯科治療は、歯並びが悪い、歯牙の色がくすんでいるようで気になる、といったお悩みを解決するため、歯を美しくしていく診療領域です。口元の問題点を解消し、歯の色などを綺麗に整えることにより、笑顔に自信が持てるようになった、性格まで明るくなったと喜ばれる方も多くいらっしゃいます。

なお、病気の治療ではありませんので、疾病保険の大原則がある公的医療保険(保険診療)の対象外となり、全額自由診療となります。

このようなご希望の方はご相談ください

  • 歯を白くしたい
  • 銀色の歯の詰め物を外し、白い歯にしたい
  • 歯の形を綺麗に整えたい
  • 歯並びを整えたい
  • 金属アレルギーに悩んでいる
など

主な審美歯科治療

歯のホワイトニング オールセラミック メタルボンド ハイブリッドセラミック ラミネートべニア ジルコニア など

歯のホワイトニング

ホワイトニングは、歯の表面に付着した色素等を落とすだけでなく、歯自体を薬剤(主に過酸化水素)の力で漂白していく方法です。
生まれつきの歯の黄ばみ、加齢や食物・嗜好品(特にコーヒーやタバコ)による変色、抗生物質の副作用で生じた変色など、歯質内部の色素を分解し、歯の表面に付着した頑固な汚れも漂白します。

ホワイトニングについての詳細≫

オールセラミック

全体がセラミックで造られたタイプの補綴物です。金属を使いませんので、金属イオンの作用による歯の黒ずみが起こることもありません。金属アレルギーも心配ないので、接触皮膚炎などでお悩みの方にもお勧めです。また、補綴物の中でも透明性が優れていますので、見た目を重視したい方にも最適です。オールセラミックの中には以下のような種類があります。

ハイブリッドセラミック

セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた材料で作られた補綴物です。オールセラミックよりも柔らかく、周囲の歯にダメージを与えにくいメリットがあるのですが、色調は多少劣り、年月が経つにつれて変色してきます。

ジルコニア

メタルボンドの内面の金属の代わりに白色のジルコニアを使用したタイプです。金属を使用しないので、金属溶出による歯ぐきの変色や金属アレルギーの心配はありません。一定の強度もあるのでブリッジに使用されることもあります。また、ジルコニアは土台となっている金属の色が透けるのを防ぐマスキング効果が高いので、症例によってはオールセラミックよりも審美的に仕上がることもあります。

メタルボンド

中身は金属ですが、外側の部分にセラミックを張り付けているため、歯の表面の白さを手に入れることが出来ます。正式名称は陶材焼付鋳造冠と言います。見た目がよく、変色もせず、強度もあります。

ラミネートベニア

前歯などの表面を薄く削り、そこにオールセラミックやハイブリッドセラミックスで出来た「つけ爪」のような薄片(シェル)を張り付け、見た目を白くしたり、歯の隙間を無くしたり、欠損部分をカバーする治療です。深く削らずに行うため、歯の神経を痛めてしまう心配もありません。見た目を白くしたり、歯のすき間をなくしたり、欠けた部分をカバーすることが出来ます。前歯の歯並びが比較的良い方、ホワイトニングで満足のいく白さが得られなかった方、歯と歯の空隙を解消したい方などにお勧めです。