小児歯科について

画像

乳歯は、永久歯に比べてとても軟らかいため、きちんと口腔ケアしていかないと虫歯になってしまいます。しかも、いったん虫歯になると急速に進行してしまい、お子様の成長に悪影響が生じます。また、年齢や虫歯の程度、性格などによって治療法も変わってくるので、小児の歯科治療は大人とは異なった要素も考えていく必要があります。

当院では、こうした小児に特有の治療背景を踏まえ、個々の年齢・成長などに合わせた虫歯治療を行っております。お子様にとってはじめての歯医者さんは、お子様の一生のお口の健康を左右すると言っても過言ではありません。子どものお口のことをよく知っている歯科医師に診てもらうことが大切です。

乳歯の頃からしっかりと歯の治療を

乳歯は生え変わるのだからと言って、おろそかにはできません。乳歯はいくつもの大切な役割を担っているからです。ご承知の通り、歯がないと食物をうまく噛むことができません。消化を助け、成長を促すには歯の健康が欠かせないのです。

また、正しい発音を身につける上でも歯は大切です。歯がないと言葉をうまく発音できなくなりますので、お子様の成長にもかかわってきます。この他、顔やあごの形を整えたり、永久歯が正しく生えるように導くといった役割も担っています。乳歯の頃からしっかり歯科治療を行えば、永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせが整い、健全な食生活を送れるようになります。

虫歯予防の手法

シーラント

シーラントは、奥歯の溝を薄い樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。奥歯の表面には幾つもの溝があり、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先がうまく入りません。そのため、ご本人や家族の方が「毎日歯磨きしていているから虫歯にはならないだろう」と思っていても、実際には磨き残しがあり、虫歯になってしまうことがあります。シーラント治療によって奥歯の溝を塞ぎ、虫歯を防ぐようにしましょう。最近はフッ素入りのものが主流となっているので、その面での効果も期待できます。

保護者の方へ

スムーズな治療を行うため、保護者の方にも下記の各項目についてご協力をお願いしております。

  • 「歯医者さんは怖いところ、痛いところ」といった話をして、不用意な先入観を植え付けないように注意して下さい。
  • 保護者自身に歯科医院での嫌な体験があったとしても、お子様にはその体験を語らないようにして下さい。
  • 歯科治療の際にお子様が泣いてしまったとしても、治療後には「よく頑張ったね」と心の底から褒めてあげて下さい。